西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空き家を売りたい!不要になった不動産を上手に売却する方法とは?

空き家を売りたい!不要になった不動産を上手に売却する方法とは?

カテゴリ:不動産売却

空き家を売りたい!不要になった不動産を上手に売却する方法とは?

新しい住居に引っ越す場合や、親から家を相続した場合など、所有していても住む予定がない不動産は上手に売却したいですよね。
不動産は所有しているだけでメンテナンス代や税金といったお金がかかりますし、放っておけば劣化していき倒壊の恐れもありますから、必要なければ早めに売却の決断をしましょう。
そこで今回は、西宮市で不動産の売却を検討している方へ向けて、空き家の売却方法や、知っておくべき注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の売却方法は3つ!早く売りたいなら不動産会社による買取がおすすめ

空き家と言っても、あちこちに劣化が見られるような古い家の場合や、建ててからあまり年月が経過していない新しいもの、またリフォームしたばかりの家など、さまざまなケースが考えられますよね。
空き家は、次の3つの方法で売却します。
ご自身の状況や、所有している不動産の状態に合わせて選択してくださいね。

古い家付きの土地として売る

比較的新しい家やリフォームしてから年数が経過していない場合は、家付きの土地として売り出すとよいでしょう。
最近は中古の家を購入してリフォームする人が増えているので、家付きの土地のニーズは高まっていますよ。

家を解体し更地にして売る

築20年以上経過した劣化が激しい家は、解体して更地にしてから売り出すのがよいでしょう。
居住以外の用途に利用するために土地を探している人もいるので、需要が高まりますよ。

不動産会社の買取を利用する

売り出して購入希望者を募るのではなく、不動産会社に買取を依頼してみるのも方法の一つです。
不動産会社の買取価格は、市場に売り出す販売価格よりも安いですが、売れる確率は高いですし早く売却できますよ。

売却したい不動産が空き家の場合に知っておくべき注意点!

売却する際の注意点として、「不動産の名義が自分になっているか」をまずは確認してください。
また空き家は値下げを要求されることが多いので、最初は高めに価格設定しておくことをおすすめします。
空き家を残したまま家付きの土地として売却する場合、買主が見つかるまでに時間がかかるケースが多いです。
しかし、空き家は所有しているだけで手間とお金がかかります。
また空き家になってから3年目の年末までに売却すれば、譲渡所得から最大3,000万円まで控除される特例が適用になり、税金を安く抑えられます。
これらのことを考慮して、3年以内に売却することを目標にしましょう。

売却したい不動産が空き家の場合に知っておくべき注意点

まとめ

今回は、空き家の売却方法や知っておくべき注意点をお伝えしました。
不動産の売却を成功させるためには、どの方法で売りに出すかが大切なポイントです。
ご自身の状況や家の状態を考慮しながら、所有している不動産に合った方法を選びましょう。
弊社は不動産に関するお悩みやご質問に、真摯に対応いたします。
西宮市で家や土地の売却を検討している方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅確保要配慮者への支援   記事一覧   三田市は子育て支援が整備された住みやすい街!子どもと笑顔で暮らそう|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約