西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入で火災保険の加入は義務?保険料は経費計上はできる?

不動産購入で火災保険の加入は義務?保険料は経費計上はできる?

カテゴリ:不動産購入

不動産購入で火災保険の加入は義務?保険料は経費計上はできる?

マイホームなどの不動産を購入すれば、地震や火事などの災害に備えて火災保険に加入する義務があります。
また事業用の不動産であれば火災保険加入の費用を経費として計上できることもあります。
今回は不動産購入をご検討中の方に向けて、火災保険加入の義務や経費計上ができるのかについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

必ず加入すべき?不動産購入で火災保険の加入義務とは?

マンションや一戸建てなどの不動産購入では、火災保険へ加入される方が多いです。
法律上では加入義務は定められておらず任意ではありますが、火災保険に加入していないと災害時に多額の費用がかかってしまいます。
つまり火災保険に入っていなければ災害の多い日本では非常にリスクが高いので、義務ではありませんが多くの人が加入されます。
マイホームなどの大事な不動産を守るためには、必要な備えといってもいいでしょう。
また住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、火災保険への加入を銀行側が借り入れの条件にしていることが一般的です。
火災保険は火災と名前についていますが、火事の他にも落雷、土砂災害、水漏れ、盗難なども補償範囲になっています。
火災保険の加入にあたっては、複数の保険会社を比較したり補償範囲や費用を確認しておくことが大切です。
ハザートマップなどを確認して、洪水などの被害は少ないと判断できれば必要ない補償を外すことで費用が安くなります。
また地震に関しては火災保険の補償内容には含まれません。
つまり火災保険では地震による住宅損傷などはカバーされないので、地震大国である日本では、地震保険への加入も必要でしょう。

不動産購入の火災保険費用は経費計上できるの?

不動産購入の際に加入する火災保険の費用は経費計上できるのでしょうか。
結論から申し上げますと不動産を事業や店舗として利用しているのであれば、火災保険は経費として計上できます。
これは地震保険も同様です。
また自宅兼事務所などであれば、その利用の割合によって費用の一部を経費として計上可能です。
また火災保険料は数年分をまとめて一括で支払うこともありますが、その場合1年分の費用に換算し直して経費計上をします。
たとえば補償期間10年で保険料が20万円の場合、毎年2万円を経費として計上できます。

不動産購入の火災保険費用は経費計上できるの?

まとめ

今回は不動産購入をご検討中の方に向けて、火災保険加入の義務や経費計上ができるのかについてご紹介しました。
不動産購入では火災保険の加入は義務ではありませんが、災害のリスクを考慮すれば加入は必須と言ってもいいでしょう。
保険料や補償内容はさまざまですので、購入する不動産にあった火災保険を選ぶのがおすすめです。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件及び賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入をする方必読!スマートハウスのメリットデメリットとは?   記事一覧   西宮市からのアクセスも良好!神戸市立王子動物園の見どころは?|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約