西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続の流れと登記の「必要書類」をチェック!

不動産相続の流れと登記の「必要書類」をチェック!

カテゴリ:不動産登記

不動産相続の流れと登記の「必要書類」をチェック!

不動産相続が発生したら、どのような流れで進めていけばよいのでしょうか。
おおまかな流れと必要になってくる書類を知っているだけでも、いざというときの助けになります。
今回は、不動産相続の流れのなかでも、とくに必要書類と遺産分割協議書に的を絞って解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続の大まかな流れとは?必要書類を紹介

不動産相続が発生し、名義を変更する登記までの流れを大きくとらえると、まず相続人や遺産、遺言書などの確認をします。
これにともない、相続税についても基礎控除額を計算し、申告の必要があるかを確かめます。
その後、相続登記の申請手続きにまつわる必要書類の準備をします。
また、必要に応じて、遺産分割協議をした場合には、遺産分割協議書もつくります。
これらの書類がすべてそろったら、法務局へ登記の申請をして、相続は完了するという流れです。
ここでは、「相続登記」の準備として、ケース別に確認していきましょう。
「法定相続分」で引き継ぐか、もしくは法定相続人が1人の場合には、つぎのものが必要です。
相続人について、「住民票」と「戸籍謄本」。
故人の「出生時から死亡時までの戸籍謄本」、あわせて「固定資産税評価証明書」です。
また、「遺産分割協議」によって、複数の相続人が合意をして決めた場合には、さらに次のものも必要書類になります。
すべての相続人の「印鑑証明書」と「遺産分割協議書」です。

不動産相続の流れで作成する「遺産分割協議書」と重要性

不動産相続の流れのなかで、遺産分割協議も大きなポイントです。
遺産分割協議は、遺言書がなく、相続人も複数人いる場合におこなわれます。
全員で不動産などの遺産をどのように引き継ぐかを話し合い、合意した内容は「遺産分割協議書」としてまとめます。
登記の必要書類のひとつとなりますが、後々のトラブルの可能性を防ぐためにも役立ちますね。
ちなみに、遺産分割協議をしないケースでは、全員で遺産となる不動産について共有登記をする形となります。
しかし、この方法では、固定資産税の納税も全員に義務が発生します。
その後、不動産をリフォームしたいときや、賃貸にしたいなども、半数が許可をしなくてはなりません。
さらに、代を経ることで、相続自体が複雑化する可能性もあるので、遺産分割協議をおこない、協議書を作成するのが望ましいでしょう。

不動産相続の流れで作成する「遺産分割協議書」と重要性

まとめ

不動産相続の流れと、登記の必要書類や遺産分割協議書の重要性などを解説しました。
また、相続税の申告時には別の書類も必要になるので、早めに確認して準備しましょう。
流れをつかんで、スムーズな手続きにしたいですね。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件及び賃貸物件を扱っております。

高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住みながら不動産売却を成功させる4つのポイントと注意点!   記事一覧   「印鑑証明書」の役割と不動産相続などで必要になるケース|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約