西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の相続における共有名義を選択するメリット・デメリットとは?

不動産の相続における共有名義を選択するメリット・デメリットとは?

カテゴリ:相続

不動産の相続における共有名義を選択するメリット・デメリットとは?

不動産の相続における共有名義には、どのようなメリットやデメリットがあるのか知っていますか。
相続人同士の相談で、共有名義を選択するケースもあると思いますが、手続きの前にこれらを把握しておくと安心です。
今回は相続時の共有名義におけるメリット・デメリットを深掘りしますので、これから不動産相続を控えている方は、参考にしてみてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の相続において共有名義を選択するメリットは?

そもそも共有名義とは、1つの不動産に対して複数の所有者がいることです。
法律(民法)の定めに従って、それぞれに持分(所有権の割合)が付与されます。
不動産の相続において、複数人で所有する共有名義を選択するメリットは、下記の3つです。

公平に相続できる
法定相続分により持分を分配できるため、話し合いでトラブルになりにくく、それぞれが公平に相続できます。

所有権移転の手続きが省略できる
誰か1人が相続する単独名義にすると、該当する相続人に所有権を移転する登記手続きが必要です。
この手続きには、登録免許税や司法書士への報酬などのコストがかかります。
ですが、共有名義の場合は、相続人全員が納得していれば移転登記はしなくても大丈夫です。
よって、所有権移転の手続きや手間が省略できるといえるでしょう。

売却の際に相続人全員が特例を受けられる
不動産の売却で利益が発生する場合は、譲渡所得税を支払います。
共有名義にしておくと、それぞれが特例を受けられるため、税金の軽減が可能です。

不動産の相続における共有名義のデメリットもチェック

続いて、不動産の相続における共有名義の2つのデメリットもみていきましょう。

管理や処分の方法でトラブルの可能性がある
共有名義の場合、管理や処分(売却など)には全員の同意が必要です。
誰が管理するのか、どう処分するのかでトラブルに発展するケースも少なくありません。

長年放置すると共有名義人が増加していく
共有名義人の誰かが亡くなった場合、さらに相続が発生し、共有名義人が雪だるま式に増加してしまいます。
人数が増えると、話がまとまらない可能性がより高くなってしまうので、注意が必要です。
このような事態を避けるために、

●単独名義人が不動産を売却して、現金を相続人全員で分配する換価分割
●不動産が土地なら、それぞれで管理できるようになる分筆
●不動産の相続で生じた不公平分を現金で支払う代償分割


などの措置で対応もできます。

不動産の相続における共有名義のデメリットもチェック

まとめ

今回は、不動産の相続における共有名義のメリット・デメリットについて詳しく紹介しましたが、いかがでしたか。
共有名義は、1度手続きしてしまうと、単独名義に戻すのは大変です。
慎重に判断して、相続人全員が納得できる形でスムーズに進められるとよいですね。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅確保要配慮者への支援   記事一覧   木造の賃貸アパートの構造とは?耐震性・断熱性についてご紹介|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約