西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの滞納が続くとどうなるの?滞納が続いた場合の対処法も解説!

住宅ローンの滞納が続くとどうなるの?滞納が続いた場合の対処法も解説!

カテゴリ:住宅ローン

住宅ローンの滞納が続くとどうなるの?滞納が続いた場合の対処法も解説!

不動産を購入する際、多くの方が住宅ローンを利用しますよね。
無理のない資金計画を立て、返済できる範囲内で借り入れしても、なんらかの事情で返済できなくなるケースもあります。
そこで今回は、不動産の購入を検討している方や、すでに購入済みの方に向けて、住宅ローンの支払いを滞納した場合どうなるのか、またその際の対処法についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを滞納するとどうなるのか?半年後には競売にかけられる

住宅ローンの滞納が続くと、最終的には家を差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。
時間が経つにつれてどうなるのか、滞納してからの経過をご説明しますね。
返済日の数日後、融資を受けた銀行から、引き落としができなかった旨と、再度引き落としをする日にちの連絡が入ります。
1か月後には、延滞金と利息の支払いを求める手紙が自宅に届き、3か月後には督促状が届きます。
このころには、銀行側も「返済できないのでは?」と予測していますから、滞納が続く場合は、融資したお金を代位弁済で回収することが記載されているでしょう。
代位弁済とは、保証会社が代わりに一括で銀行に支払うことで、以降は保証会社から一括返済の請求がくることになります。
6か月以上滞納が続いた場合は、分割で返済する「期限の利益」を失い、保証会社から銀行へローンの残金が支払われます。
こうなると、保証会社に一括で返済しなければなりません。
このころには、個人信用情報機関に事故情報が登録されているため、ほかの借り入れができず、一括で返済するのは無理でしょう。
結果、不動産は競売にかけられ、明け渡さなければならなくなるのです。

住宅ローンの滞納が続いた場合の対処法とは?

まずは返済が難しいと感じた時点で、銀行に相談してください。
病気での療養や、家族の介護のため一時的に収入が減ったなどの理由があれば、返済のスケジュールを変更してもらえる可能性があります。
またローンを組んだ際に加入した団体信用生命保険の内容を確認してください。
特定の疾病ですと保険金が下りるオプションがついているかもしれません。
契約中の住宅ローンよりも金利が安いローンがあれば、借り換えを検討してみるのも対処法の一つです。
需要が高い立地や、買い手が見つかりそうな不動産でしたら、早い段階で売却を検討するのもよいかもしれませんね。

住宅ローンの滞納が続いた場合の対処法とは?

まとめ

今回は、住宅ローンの滞納が続いた場合にどうなるのか、また返済できなくなった場合の対処法をお伝えしました。
住宅ローンを滞納すると、時間が経つにつれて事態が深刻化していきます。
返済が難しいと感じたら、すぐに銀行に相談したり、借り換えや売却を検討したりと、早めに行動することが大切です。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入における現状渡しのメリットや注意点とは?   記事一覧   光熱費の節約に!エコキュートを導入するメリット・デメリットとは?|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約