西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のフローリングにカビを発見!効果的な掃除方法は?

賃貸物件のフローリングにカビを発見!効果的な掃除方法は?

カテゴリ:賃貸

賃貸物件のフローリングにカビを発見!効果的な掃除方法は?

カビといえば水回りに生えるイメージですが、実はフローリングにもカビが生えることがあります。
賃貸物件のフローリングにカビが生えてしまったら、どのように掃除をすれば良いのでしょうか。
今回は賃貸物件をお探しの方に向けて、賃貸物件のフローリングに生えたカビの対処法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のフローリングにカビはなぜ生える?掃除方法をご紹介!

まず賃貸物件のフローリングにカビはなぜ生えるのか、その原因をご紹介します。
賃貸物件のカビは湿気が原因で、布団やカーペットを敷きっぱなしにしているとカビが生えやすい環境になります。
汗やホコリなどもカビの養分になるのでカビが繁殖しやすいでしょう。
次にフローリングに生えたカビの掃除方法ですが、中性洗剤や消毒用エタノールが効果的です。
中性洗剤をカビに吹きかけて時間を置いたのちに雑巾などで拭き取り、エタノールスプレーを吹きかけます。
エタノールスプレーを使用することでカビの除去だけでなく、発生を抑えることができます。
掃除でよく使われる重曹や塩素系漂白剤はワックスをはがしてしまったり、変色の原因となるのでカビ取りにはおすすめできません。

賃貸物件のフローリングの変色はカビが原因!対処法とは?

賃貸物件のフローリングはカビによって変色することもあります。
フローリングは水漏れや結露が原因でカビになり黒ずみが発生していまいます。
賃貸物件のフローリングが変色してしまったら、まず管理会社や大家さんに連絡をしましょう。
基本的に借主の過失である場合は、修繕費用も借主負担となります。
しかし雨漏りなど、建物の劣化やエアコンの水漏れなどであれば、貸主側の責任と判断されることもあります。
また変色は放置してしまうとどんどん拡大してしまうこともあるので、速やかに修復工事をすることをおすすめします。

賃貸物件のフローリングに生えたカビの掃除で傷がついてしまったら?

賃貸物件には退去時に原状回復の義務があり、フローリングの傷も例外ではありません。
原状回復のガイドラインにおいては、フローリングの傷は経年劣化や日常生活の範囲内でついた傷は入居者の過失にはあたりません。
一方でうっかり物を落としたついた傷や、不注意の場合は原状回復が求められます。
カビの掃除でついてしまった傷も借主の過失にあたりやすいので、そもそもカビを生えさせないように注意して生活をするのが大切です。

賃貸物件のフローリングの変色はカビが原因?対処法は?

まとめ

今回は賃貸物件をお探しの方に向けて、賃貸物件のフローリングに生えたカビの対処法をご紹介しました。
賃貸物件では原状回復の義務がありますが、フローリングのカビや傷は借主の過失を見なされることが予想されます。
カビを発生させないように普段から換気をこころがけ、布団やカーペットの敷きっぱなしはしないように気をつけましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|税金や仲介手数料!不動産売却にかかる費用の種類とは?   記事一覧   共同名義で不動産を購入するには?メリットデメリットを知ろう!|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約