西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の際におこなうインスペクションとは?

不動産売却の際におこなうインスペクションとは?

カテゴリ:不動産売却

不動産売却の際におこなうインスペクションとは?

不動産売却の際におこなう「インスペクション」をご存じですか?
インスペクションは義務付けられているものではありませんが、中古不動産の売却をスムーズに進めるための手段として、需要が高まってきています。
そこで今回は、「インスペクション」とは何なのかについて、そして不動産を売却する際にインスペクションを実施する目的についてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

インスペクションとは?売却する不動産の状態を把握しよう

不動産用語としての「インスペクション」とは、専門家が既存物件についておこなう状況調査のことです。
「インスペクション」を直訳すると、「調査」や「視察」となります。
インスペクションは必ずおこなわなければならない調査ではありませんが、中古物件の売却を検討しているのであれば、物件の状況をしっかりと把握するためにも有効な方法です。
インスペクションの具体的な内容としては、主に基礎にあたる部分の調査で、土台や柱、壁、屋根、排水管など構造耐力にかかわる箇所と、雨漏りや雨水の侵入に影響する箇所の状況を確認します。
インスペクションの対象となるのは既存住宅のみなので、未使用物件をはじめ、築年数が1年未満の住宅、そしてオフィスや店舗などは対象外です。
調査をおこなうのは宅地建物取引業法で決められた「既存住宅状況調査技術者講習」を修了した建築士で、国が定めた「既存住宅状況調査方法基準」に沿っておこなわれます。
計測機器による計測や動作確認も実施されますが、主な調査方法は目視です。
そのため、その不動産の状況を完全に把握できるものでないことは頭に入れておきましょう。
また、浴室乾燥機や給湯器、インターフォンといった室内設備はインスペクションの調査対象に含まれないので注意が必要です。

不動産を売却する際にインスペクションをおこなう目的とは

不動産売却の際にインスペクションを実施する最大の目的は、不動産を「高く早く」売却すること。
インスペクション済みの物件は買い手に安心感を与え、スムーズな売却につながりやすいからです。
また、インスペクションの結果その物件の状態が優れていることがわかれば、それに見合った価格を明確な理由を提示したうえで設定することができます。
逆に不具合が見つかったとしても、修理をおこなったり価格を設定しなおすなど、対応が可能です。
既存物件では売却後に重大な瑕疵が発覚し、トラブルに発展するケースも少なくありません。
2020年の法改正により、売却後に見つかった瑕疵に対する売却側の負担はより大きくなっています。
それらのリスクを回避する目的でも、インスペクションは非常に重要なシステムだといえるのです。

不動産を売却する際にインスペクションをおこなう目的とは

まとめ

インスペクションは、売却する不動産の価値を正しく判断する基準になるだけでなく、売却後に瑕疵が見つかるなどのリスク回避の目的でも有効な手段です。
スムーズに売却を進めるためにも、不動産売却の際にはインスペクションを検討してみてはいかがでしょうか。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却するときは「簿価」についても知っておこう!   記事一覧   フリーレント付き賃貸物件ってどんな物件?初期費用が安くなるって本当?|次へ ≫

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約