西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > フリーレント付き賃貸物件ってどんな物件?初期費用が安くなるって本当?

フリーレント付き賃貸物件ってどんな物件?初期費用が安くなるって本当?

カテゴリ:フリーレント

フリーレント付き賃貸物件ってどんな物件?初期費用が安くなるって本当?

インターネットで賃貸物件を探す際は、さまざまな希望条件をつけることができます。
家賃や間取り、駐車場の有無などはもちろん、設備や詳細な条件まで選択が可能です。
お得な条件のある賃貸物件も増えてきましたがフリーレント付きの物件をご存じでしょうか?
今回は、フリーレント付き賃貸物件について説明していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

フリーレントとは?どんな賃貸物件のことを指すの?

フリーレントとは、ある一定期間家賃が発生しない物件を指します。
数年ほど前から増え始め、阪神エリアでも例外ではありません。
家賃が発生しない期間は物件によってそれぞれで、明確な決まりはありません。
1ヶ月分のみの場合や6ヶ月分の家賃が無料となる場合など、さまざまです。
フリーレントの期間について、契約前に確認しておきましょう。

なぜ賃貸物件にフリーレントがついているの?

借り手としては家賃が発生しない期間があるのはうれしいことですが、なぜフリーレントというお得な条件がつくのかと疑問に思うことでしょう。
フリーレントがつく最大の理由は、空室対策のためです。
空室が続けば家賃収入が見込めないため、できるだけ早く入居してほしいのです。
そこでフリーレントをつけ一定期間家賃を無料にし、たくさんある賃貸物件の中で選んでもらいやすくするという目的があります。
同じような間取り、家賃の物件なら、少しでもお得な条件がついた賃貸物件を選んでしまうもの。
お得さをアピールするなら家賃を下げるのがもっとも効果的ですが、家賃を下げてしまうと入居者から不満の声が出てきてしまうかもしれません。
すでに入居している方から、「うちも家賃を下げてくれ」と言われる可能性もゼロではないのです。
フリーレントにすれば、家賃はそのままで済むので不満は出にくいでしょう。
さらに投資物件のオーナーからすれば、家賃を下げると利回りが下がってしまうためフリーレントを選択するという理由もあります。
利回りが下がると売却金額にも影響があるので、できるだけ家賃を下げることはしたくないのです。

フリーレント付き賃貸物件なら初期費用が抑えられるって本当?

賃貸物件を契約する時にかかる初期費用。
フリーレント付き賃貸物件では家賃の発生しない期間がありますが、初期費用がかからないわけではありません。
初期費用として必要なものは、敷金、礼金、前家賃、日割り家賃、仲介手数料、鍵交換代、火災保険料、保証会社利用料など。
敷金や礼金の金額によって左右されますが、おおむね5~6ヶ月分の家賃額が必要になります。
しかし、初期費用としてかかる前家賃などの支払いが発生しないため、初期費用が抑えられる傾向にあります。
ただし、敷金や礼金、仲介手数料などが必要かによって初期費用も変わってくるため事前に確認しておきましょう。

なぜ賃貸物件にフリーレントがついているの?

まとめ

一定の期間家賃が発生しないお得な賃貸物件をフリーレント付きの賃貸物件と言います。
空室対策のために行われることが多く、家賃を下げるよりも不平不満が出にくいというメリットがあります。
初期費用が抑えられる傾向にありますが、初期費用がゼロになるわけではないので、注意しましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却の際におこなうインスペクションとは?   記事一覧   西宮市の歴史や自然を学ぼう!西宮市のおすすめ博物館2選|次へ ≫

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約