西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の申し込みをキャンセルするとどうなる?違約金が発生するケースもご紹介

賃貸物件の申し込みをキャンセルするとどうなる?違約金が発生するケースもご紹介

カテゴリ:賃貸

賃貸物件の申し込みをキャンセルするとどうなる?違約金が発生するケースもご紹介

賃貸物件を契約したものの、やむを得ない理由でキャンセルしなくてはいけなくなったことはありませんか?
その場合、キャンセルのタイミングによって支払うお金に違いはあるのでしょうか。
そこで今回は、賃貸契約前にキャンセルした場合も支払い義務はあるのか、また入金後にキャンセルした場合は返金されるのか、そして違約金が発生するのはどのようなケースなのかについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸契約前であればキャンセル料はかからない?

まず、「入金前」にやむを得ず賃貸契約をキャンセルした場合、基本的にキャンセル料などの金銭を支払う義務はありません。
「賃貸契約」が結ばれたとみなされるのは、対面で重要事項説明を受け、契約書に署名捺印をしたうえで、契約金の支払いが済んでからとされているからです。
そのため、不動産会社に入居希望の意志を伝えるための「入居申込書」を提出し、大家さんによる入居審査を通過したあとであっても、「賃貸契約」のキャンセルは可能なのです。

賃貸契約後にキャンセルすると入金後のお金はどうなる?

では、「賃貸契約」を済ませて各種の費用を入金後になると、入金したお金は返金されないのでしょうか。
この場合、返金されるお金とされないお金が発生する可能性があります。
一般的に、「敷金」や「前家賃」は全額返金されるケースが多く、「礼金」や「不動産会社への仲介手数料」などは返金されないことがあります。
「火災保険」に関してもほとんどが返金されますが、返金額などの詳細は各保険会社の決まりによります。
また、不動産会社や大家さんによっては返金内容について相談に応じてくれる場合もあるので、一度かけあってみることをおすすめします。

賃貸契約後のキャンセルでは違約金が発生するケースも

賃貸契約後も一部は返金されるケースが多いとお伝えしましたが、場合によっては違約金が必要になることもあります。
賃貸契約後のキャンセルは厳密な意味では「途中解約」と同じ扱いになるからです。
多くの賃貸物件では、退去するために1か月前に申し出が必要なように、たとえ入居前だったとしても、賃貸契約が締結された後であれば同様の対応が必要になります。
支払い金額は一般的に賃貸借契約書に明記されているので、支払いを求められた場合は確認してみましょう。
「違約金」と記されていることもあれば、「解約手数料」と呼ばれる場合もあります。

賃貸契約後にキャンセルすると入金後のお金はどうなる?

まとめ

賃貸物件の申し込みキャンセルは、賃貸契約前であれば基本的にキャンセル料などを支払う義務はありません。
やむを得ずキャンセルをする場合は、少しでも早く申し出るように心がけましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市のば賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産に住みながら売却するメリットとスムーズに売却を進める方法   記事一覧   日本の歴史公園100選にも選ばれた西宮市にある夙川公園をご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約