西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産が売れないときの原因と改善案とは?

不動産が売れないときの原因と改善案とは?

カテゴリ:不動産売却

不動産が売れないときの原因と改善案とは?

不動産を売却したくても、なかなか買い手が見つからない場合があります。
販売活動が長引くと固定資産税などの費用もかさむため、原因の改善は不可欠です。
そこで不動産が売れない原因や、試してみたい改善案について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産が売れない原因とは?

不動産が売れない原因には、主に6つのケースが考えられます。

販売価格に問題がある

近隣の取引相場や築年数といった物件の条件に対して、価格が適正でないと買い手は見つかりにくいでしょう。

物件に問題がある

築古だったり、再建築不可の条件がついていたりする物件は、買いが見つかりにくい傾向にあります。
また土地であれば、広すぎても狭すぎても売れない原因になります。
戸建ての敷地なら、40坪から80坪が標準的な広さです。

立地に問題がある

駅からの距離や商業施設の有無など、立地条件によっても売れない場合があります。
立地条件は変えられないため、別の要素で差別化を図る必要があるでしょう。

売主に問題がある

たとえば居住中の物件を売り出す場合、内見客に与える印象に注意してください。
部屋が片付いていなかったり、室内の汚れがひど買ったりすると、ネガティブな印象を与えてしまうでしょう。

売却時期に問題がある

新年度を控えた1月から3月にかけては、不動産は活発に取引されます。
一方でそれを過ぎた4月から5月頃は、需要が落ち着く傾向にあるため注意してください。

不動産会社に問題がある

媒介契約を結ぶ会社には、取扱物件の得意・不得意があります。
また販売戦略の相性が合わなかったなど、選んだ会社に問題があるかもしれません。
しばらくしても問い合わせ自体が少ないときは、注意が必要です。

不動産が売れないときの改善案

不動産が売れないときの改善案として、まずは販売価格を見直してみましょう。
近隣の成約価格と比較し、適正な価格にすると買い手が見つかりやすくなります。
ただし一度値下げすると元の値段には戻しにくいため、慎重な判断が必要です。
このほか新学期や転勤による需要が期待できる、2月から3月・7月から8月頃に売却するのもおすすめです。
また水回りを中心に、リフォームやリノベーションを実施するのも効果が期待できます。
なおこれらに問題がないにもかかわらず売れない場合は、仲介依頼先の変更を検討してみてください。
あるいは業者が物件を買い取る直接買取や、買取保証付きの仲介などもおすすめです。

不動産が売れないときの改善案

まとめ

不動産が売れないときに確認したい、原因や改善案について解説しました。
価格を見直したり付加価値を高めたりすることで、成約の可能性がアップします。
そのため物件の売却でお悩みの方は、不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件における中部屋とはどんな部屋?うまく空気を換気する方法は?   記事一覧   賃貸物件とマイホームどっちがいいの?家賃や保険についても解説!|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約