西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却するときに注意したい「契約不適合責任」とは?

不動産を売却するときに注意したい「契約不適合責任」とは?

カテゴリ:不動産売却

不動産を売却するときに注意したい「契約不適合責任」とは?

不動産を売るときは、物件の状態について買主にしっかりと伝えておくことが大切です。
もし売却後に買主が知らない不具合が見つかると、「契約不適合責任」に問われてしまう可能性があるからです。
そこで今回は不動産の売却を検討もしくは控えている方に向けて、契約不適合責任の内容や注意点について、任意売却にも触れながらご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却で注意したい「契約不適合責任」とは何か?

契約不適合責任とは、売却した不動産に不具合が見つかった場合、売主に対して生じる責任です。
不具合には、シロアリの被害や床の腐食、雨漏りなどさまざまなものがあります。
なかには売主も把握していない不具合があるかもしれませんが、その場合でも責任を問われます。
ですから、売却の際は専門家によるインスペクションを実施して、物件の状態を正確に把握し、もれなく買主に伝えることが重要です。
もし何らかの不具合が見つかったときは、修理や代金減額を求められる可能性がありますから、十分に気を付けましょう。

不動産を売る際の注意点である契約不適合責任は任意売却でも有効?

任意売却とは、住宅ローンが返済できなくなった際に用いられる手段です。
住宅ローンが残っている物件を売却する場合、通常は売却金額で一括返済できないと売ることができません。
任意売却は、そのような際でも金融機関の同意を得て売却できる手段です。
流れは以下のとおりです。
1.お金を借りている金融機関などに売却を許可してもらう
2.売却活動をする
3.買主が見つかったら売買契約を結ぶ
4.決済のあと引き渡し
無事に売却できたら、残った住宅ローンの返済計画を立て、完済を目指しましょう。
ところで、任意売却の際も契約不適合責任が適用されるのでしょうか。
実は、その場合は免除されます。
任意売却を選択する状況の場合、売主には責任を負うための資金がないと考えられるからです。
住宅ローンの支払いができなくなり、任意売却もしないと、最終的には競売にかけられてしまいます。
ですから、返済ができなくなったときは、そのような事態になる前に任意売却を検討したほうがよいでしょう。

不動産を売る際の注意点である契約不適合責任は任意売却でも有効?

まとめ

不動産を売却する際の注意点のひとつは、契約不適合責任に問われる心配がないかどうかです。
できればインスペクションを実施すると、物件の状態を専門家に診断してもらえるので安心です。
なお任意売却の場合は、契約不適合責任を問われる心配はありませんから、早めに決断・実行するように心がけましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|オール電化の賃貸物件はお得なの?オール電化の特徴をご紹介!   記事一覧   賃貸物件でベランダ掃除をする方法は?退去時の原状回復は必要?|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約