西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に準備しなければならない必要書類とは?

不動産を売却する際に準備しなければならない必要書類とは?

カテゴリ:不動産売却

不動産を売却する際に準備しなければならない必要書類とは?

不動産を売却する際には、さまざまな必要書類を準備しなければなりません。
スムーズに手続きするために、必要書類の種類を事前に確認しておきましょう。
そこで今回は、不動産の売却を検討されている方、または控えている方に向けて、不動産売却時に必要な書類について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に準備すべき必要書類の種類とは?住民票も必要?

不動産を売却する際には、次のような書類が必要ですから、売却を決めたら早めに準備を始めることをおすすめします。

●登記簿謄本など登記事項を証明するもの
●購入時の売買契約書
●購入時の重要事項説明書
●土地の測量図や境界の確認書
●建築確認済証・検査済証
●間取りを確認できる図面
●設備の確認ができる仕様書
●設計図や工事の履歴
●固定資産税の金額を証明できるもの
●本人確認書類(現在住んでいる家の住所が違う場合は住民票も必要)


登記に関するものは法務局で申請して入手します。
このほかに、不動産を購入した際のパンフレットがあれば買主に渡すとよいですよ。
また住宅ローンの返済が残っている場合は、残高証明書も入手しておきましょう。

不動産売却時に本人確認をおこなうための必要書類

不動産取引において、本人特定確認とその記録を定められた期間保存することが不動産会社の義務になっています。
そこで、不動産を売却する際には、次のような本人確認書類が必要です。

身分証明書(次のうちいずれか)


●運転免許証
●住民基本台帳カード
●健康保険被保険者証
●国民年金手帳
●パスポート

印鑑登録証明書

住民票がある住所が記載されており、契約書に押印した実印の証明書

不動産売却時の必要書類!固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書について

不動産を売却する際には、固定資産税の金額が確認できる書類として、固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書を準備してください。
固定資産税納税通知書とは、固定資産税の納付書に同封されている書類で、算定の基準になった評価額・納付金額・納付期限などが記載されています。
固定資産税評価証明書とは、固定資産課税台帳に登録した内容を証明する書類です。
固定資産税は、毎年1月1日時点での所有者に課税されます。
売却した時期に応じて払い戻しがあるので、売却の際には最新のものを準備して提出してくださいね。

不動産売却時に本人確認をおこなうための必要書類

まとめ

今回は、不動産を売却する際に準備しなければならない必要書類について解説しました。
不動産に関するもの・本人確認書類など、さまざまな書類を揃えて提出する必要があるので、売却することが決まったらすぐに準備を始めるとよいですよ。
また不動産を購入した際の書類もいくつか必要です。
不動産に関する書類を出すことはあまりないと思いますが、とても大切な書類です。
すぐに確認したり提示したりできるように、まとめて保管しておくことをおすすめします。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|自然が身近に感じられるスポット!西宮市のおすすめ植物園   記事一覧   トラブルに巻き込まれないために!賃貸住宅を退去する時の注意点をご紹介|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約