西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却で用いるリースバックとは?抑えておきたいメリット・デメリット

不動産売却で用いるリースバックとは?抑えておきたいメリット・デメリット

カテゴリ:不動産売却

不動産売却で用いるリースバックとは?抑えておきたいメリット・デメリット

不動産を売却する際の選択肢として、リースバックというものがあります。
あまり聞きなれないかたも多いかと思いますが、まとまった資金を手に入れたいときには便利な方法といえます。
今回はそんなリースバックの特徴や、利用時のポイントなどについて解説いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるのリースバックとは何か

リースバックとは、現在住んでいる不動産を専門業者に売却し、現金を受け取るというものです。
特徴として、売ったあとも住み続けることができる、という点が挙げられます。
また、建物の売却後は、家賃を専門業者に支払いながら住み続ける形です。
このとき、住宅ローンが残っている場合であっても利用することができます。
そのため、将来のローン返済に不安、という場合、専門業者に不動産を手放すという形で支払い用の資金を用意する、という方法として用いられます。
使い方次第でメリットも無限大というのが特徴です。

不動産売却によるリースバックのメリット

利点はなんといっても、まとまった現金を手に入れられる、という点です。
教育費や治療費といった、急な出費が発生したとき、自宅を担保のように活用できます。
また、リースバック後も引っ越す必要がないため、仮住まいの手配も不要です。
同じ場所に住み続けながら、ローン返済用の現金を用意できる、というのがメリットといえます。

不動産売却によるリースバックのデメリット

デメリットとしては、不動産を専門業者に売却するため、自分が所有するものではなくなる、ということが挙げられます。
つまり、財産として扱うことができなくなるので注意が必要です。
ただし、リースバックの契約のなかには、買い戻し特約といったものがついているケースもあります。
これは、あらかじめ決められた期間内であれば、同じ物件を買い戻しできるというものです。
将来、退職金などある程度まとまった資金が入る予定であれば、買い戻し特約がついたものを選ぶとよいでしょう。
また、売却できる価格も、一般的な相場と比べてやすくなるのが注意点の一つです。
とはいえ、すぐに現金がほしいという場合には、一つの方法として活用するとよいでしょう。

不動産売却によるリースバックのメリット

まとめ

リースバックは資金として変えることに加え、同じ建物に住み続けられるというのが特徴です。
この方法を用いることで、不動産売却の幅というのも広がります。
とはいえ、利点だけではなくデメリットもしっかりと抑えながら、賢く活用できるよう心がけましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のベランダの目隠し効果とは?DIY方法などもご紹介   記事一覧   三田市にある野外活動センターとは?特徴やイベントなどをご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約