西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 木造とRC造の違いや材質で建設した際のメリット・デメリットとは?

木造とRC造の違いや材質で建設した際のメリット・デメリットとは?

カテゴリ:建築

木造とRC造の違いや材質で建設した際のメリット・デメリットとは?

木造とRC造を選ぶ際にメリット・デメリットがよくわからないですよね。
鉄筋コンクリートで作られているRC造と木材で作られている木造では、建物の完成が大きく異なります。
メリット・デメリットは住居を決める際の要因となるため、不動産会社に訪れる前に知っておくと契約がスムーズに進みやすい情報です。

弊社へのお問い合わせはこちら

木造とRC造の材質の違いとは

木造は柱や梁を建設する際の材質に木を使用した場合を指し、3階建てほどの低階層の建物に多く見られます。
自由に空間設計ができ、材料が軽く持ち運びや加工がしやすいです。
またリフォームの際にも低コストで間取りの変更もしやすいです。
RC造の材質は鉄筋コンクリートです。
柱や梁といった耐震に特に重要な箇所の強度を高めるために使用されています。
鉄筋は引っ張る力がかけられた際に威力を発揮し、コンクリートは圧力がかかった際に威力を発揮するため材質で、お互いの特徴を引き出して使用しています。
素材の重さがあり、中低層の建物を建設する際などに採用されています。

木造とRC造の違いやメリット・デメリットとは

木造とRCの違いやメリット・デメリットがよくわからず、選択する際に困る人も多いです。
鉄筋コンクリートと木造の特徴や違いについて物件を見る前や建てる間に知っておくべき点として紹介していきます。

木造の違いとメリット・デメリット

木造のメリットは、コストを抑えてリラックス効果を感じられて、湿度を一定に保ちます。
鉄筋コンクリートと比較して木は種類により価格は変わりますが、素材自体が安いです。
また木には湿気を吸ってくれる力があり、乾燥した場合には湿気を空気中に湿気を出してくれます。
デメリットとして耐久性が低く、鉄筋コンクリートと比較して頻繁に手入れしなければいけません。
手入れを怠れば劣化は早くなるため注意が必要です。

RC造の違いやメリット・デメリット

RC造は耐久性に優れていて、地震や火事などの災害に強いです。
素材が木と比較すると強く、耐久年数が長く、また遮音性にも優れています。
デメリットは鉄筋コンクリートと工数が増えるため、費用が高くなってしまいます。
また結露などによりカビが発生しやすく、汚れがあると目立ちやすいです。

木造とRC造の違いやメリット・デメリットとは

まとめ

木造は湿度を一定に保ち、リラックス効果を感じられて、建築コストを低く抑えられるため、予算を抑えて作れます。
RC造は耐震性に優れており、災害に強いです。
高い強度が耐震年数や遮音性も高めているため、安全で静かな家に住みたい人におすすめです。
メリット・デメリット、素材の違いを比較し不動産会社と相談した上で選択してください。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|阪神エリアにお住まいの人に必見!賃貸契約の更新期間や途中解約とは?   記事一覧   定期借家の賃貸物件を借りる前に注意したい途中解約や更新方法とは?|次へ ≫

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約