西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却したときに発生する税金について解説

不動産を売却したときに発生する税金について解説

カテゴリ:不動産売却

不動産を売却したときに発生する税金について解説

不動産売却を考えたとき、売却の手続きや契約についても知っておく必要がありますが、忘れてしまいがちなのが税金です。
今回は、家や土地を売ろうとしたときに発生する税金の種類と、そのなかでもとくに影響が大きい譲渡所得税について計算方法なども含めて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却したときに発生する税金の種類

税金は生活の中で発生する身近なものですが、その種類も多く用語も難しいので、わかりにくいと感じる方も多いと思います。
家や土地を売却するときには、利益が発生することで税金が関係しますし、手続きに関連しても発生します。
利益が発生したときの税金としては、譲渡所得税や復興特別所得税、住民税などがあります。
手続きに関連して発生するものとしては、物件の売買契約書に貼る印紙税や移転登記のときに支払うことになる登録免許税などがあります。

不動産を売却したときに発生する税金の譲渡所得税について解説

所得税は所得に課税されるものであり、住居や貴金属、株式などを売って利益が出た場合の所得が譲渡所得です。
譲渡所得に課税される税金は、不動産の譲渡所得にかかり、給与所得や他の所得と分離して課税されます。
同じ所得税のなかでも、東日本大震災の発生を受けてその復興財源とするために、平成23年から復興特別所得税も加わっています。
譲渡した価格とともにその物件を取得した金額や、売却したときにかかった費用が関係します。

不動産を売却したときに発生する税金である譲渡所得税の計算方法

譲渡取得税の計算方法は、譲渡取得=収入金額-取得費用-譲渡費用で表すことができます。
不動産を売ったときの金額から、不動産を購入したときの金額をひいて、売るときにかかった仲介手数料などの費用を引いたものです。
不動産を持っていた期間により、計算方法が違ってきますので売るタイミングにも注意しましょう。
譲渡所得税には、住んでいる家を売却した場合の特別控除や、持っていた期間が10年を超えた場合の特例などの優遇制度もありますので上手に利用しましょう。

不動産を売却したときに発生する税金である譲渡所得税の計算方法

まとめ

不動産を売却しようとしたときの税金には、譲渡取得税や住民税、登録免許税などがあり、それぞれ課税のタイミングや特例などもあり注意が必要です。
そのため、情報収集をしっかりおこなっておきましょう。
不動産を売却して得た利益には、譲渡取得税が課税されますが、売った物件やタイミングにより特別控除などもありますのでうまく活用してください。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸契約時に必要な初期費用の相場はいくら?   記事一覧   不動産を売却するにあたり覚えておきたい心理的瑕疵とは|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約