西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入における競売物件とは?メリットやデメリットを解説!

不動産購入における競売物件とは?メリットやデメリットを解説!

カテゴリ:不動産購入

不動産購入における競売物件とは?メリットやデメリットを解説!

相場よりも低価格で不動産を購入できる方法として、「競売物件」があります。
物件自体は一般的な売買物件と変わりはなく、一般の方でも購入できますが、注意する点やリスクがあるのも事実です。
そこで今回は、競売物件とは何か、購入するにあたって発生するメリットやデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入における「競売物件」とは?

「競売物件」とは、住宅ローンを支払えなくなった際に、不動産の所有者が任意売却をおこなわず、最終的に裁判所を通して強制的に売却されてしまった物件のことを指します。
一戸建てやマンションはもちろん、土地や店舗、ビルなどさまざまな不動産があり、不動産競売物件情報サイト「BIT」から閲覧が可能です。
入札できる期間は定められており、最も高値で入札された方が対象の物件を購入できます。

不動産購入の豆知識:「競売物件」のメリット

競売物件は、「安さ」が最大のメリットと言えるでしょう。
一般的な方法で売却されている物件に比べて、3割ほど安く見積もられているため、安価で入手できる点が魅力です。
また、手続きがいたってシンプルであることもメリットとして挙げられます。
所有権の移転登記や抵当権の抹消登記などの面倒な工程は、裁判所がおこなってくれるため、必要事項の記入と保証金の納付、そして残金を納付するだけで完了するのです。

不動産購入の豆知識:「競売物件」のデメリット

次に、競売物件のデメリットを2つご紹介します。
1つ目は、物件の詳細が限られていることです。
競売物件の情報サイトでは、通称「3点セット」と呼ばれる「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」を確認して入札をするかどうかを判断します。
内覧が難しいため、老朽化の進み具合や欠陥トラブルなどは、明け渡し後まで確認ができません。
思わぬ修繕費が発生する可能性も考慮しておく必要があります。
2つ目は、立ち退き交渉が必要になる可能性もあることです。
元の所有者が退去せずに占有している場合は、自ら立ち退き交渉をする必要があります。
最悪の場合、裁判所へ「強制執行」の申し立てをおこないますが、その際にかかる費用は購入者が負担しなければいけないので、注意が必要です。
ここでご紹介したデメリットはほんの一部であり、競売物件を購入する際はリスクが大きいことを理解しておきましょう。

不動産購入の豆知識:「競売物件」のデメリット

まとめ

競売物件は、一般の物件に比べて安値で購入できるところが特徴ですが、「安さ」の裏にはリスクが隠れていることを、忘れてはなりません。
安いからと言って安易に入札するのではなく、メリット・デメリットをよく理解したうえで不動産の購入を検討しましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|高齢者でも賃貸借契約できる?制限や審査について解説   記事一覧   三田市にある神戸三田プレミアム・アウトレットの楽しみ方や施設情報をご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

津﨑 武志 最新記事



トップへ戻る

来店予約