西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 高齢者でも賃貸借契約できる?制限や審査について解説

高齢者でも賃貸借契約できる?制限や審査について解説

カテゴリ:賃貸

高齢者でも賃貸借契約できる?制限や審査について解説

これから引っ越ししようと考えている方の中に、高齢者の方も多くいらっしゃるでしょう。
この記事では、年齢によって入居制限があるのか、審査は通るのか、対策方法などを解説していきます。
賃貸借契約を控えている、今後引っ越しの予定がある方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

高齢者でも賃貸借契約できる?入居制限について

60代以上の場合、家主の方から入居制限を受ける可能性があります。
これは、入居によって起こるかもしれないトラブルの未然回避、そしてトラブルによって近隣住民が退去してしまうことを防ぎます。
また、高齢者1人で入居する場合は、孤独死の可能性なども考慮されます。

高齢者でも賃貸借契約できる?審査がとおりにくいのか

高齢者の賃貸借契約は、審査がとおりにくいことも懸念されます。
これは、就労などによる支払い保証が取りにくい点、怪我や病気などにより支払い不能になってしまう可能性が高いことが挙げられます。
保証人は就労している子どもや孫を頼ることも多いでしょう。
どうしても難しい場合は保証会社を利用するという選択もあります。
ただし、保証会社と保証人の両方が必要と言われるケースも増えてきているので、注意が必要です。

高齢者でも賃貸借契約できる?契約に繋げるための対策

ここからは、入居するための対策方法をご紹介します。
物件探しの選択肢として高齢者向け賃貸も検討してみてはいかがでしょうか。
高齢者向け賃貸を利用することで、入居可能物件や条件を満たす物件が増え、選択肢が増えます。
また、審査がとおりにくい点についても、高齢者向け保証制度・保証会社を利用することで解決できます。
ただし、高齢者向け保証制度や保証会社を利用すれば、かならず大丈夫というわけではないので注意しましょう。
また、「健康・経済面」といった不安要素についても、問題ないことを示せると良いでしょう。
たとえば、持病や通院歴がない、もしくは治療に通っている、家賃支払いについても経済面で余裕があることを示すことで、賃貸借契約の成約の可能性を高めることにつながります。
ただし、これらも必ず契約できる方法ではないので気を付けてください。

まとめ

高齢者が賃貸借契約したい場合、入居制限や審査などで断られることもあるでしょう。
大家さんや管理会社としてはトラブルを未然に回避するためにおこなっていることです。
賃貸へ入居したい場合は、高齢者向け賃貸を選択肢に加える、健康面や経済面で問題ないことを示せるように準備しましょう。
また、入居希望物件は複数選択しておき、条件や年齢による入居お断りがあるのかどうかについて相談しても良いかもしれません。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸へ入居する前にチェックするべきインターネット環境について解説   記事一覧   不動産購入における競売物件とは?メリットやデメリットを解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約