西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > (株)安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 家の購入のためにペアローンを検討するなら!特徴やメリットとは?

家の購入のためにペアローンを検討するなら!特徴やメリットとは?

カテゴリ:住宅ローン

家の購入のためにペアローンを検討するなら!特徴やメリットとは?

マイホームを購入するほとんどの方が利用することになる住宅ローン。
夫婦共働き家庭が増えているとされる現代は、ペアローンや収入合算型の住宅ローンを検討している方も多いかと思います。
自分たちに合う住宅ローンを見極めるためにも、まずはペアローンのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の購入前に知っておくべきペアローンの特徴とは?

マイホームとなる住まいの購入の際には、ほとんどの家庭が住宅ローンを利用することになるはず。
でも、夫婦共働きの家庭や同性パートナーとのマイホーム購入などでは、ひとりで組む住宅ローンではなく2人で組むペアローンを検討することもありますよね。
ペアローンとは、ひとつの物件に対して、一定の収入がある同居家族がそれぞれに住宅ローンを契約して、お互いが連帯保証人となる方法。
借り入れ先となる金融機関によっても条件が異なりますが、夫婦、パートナー、親子といった関係間で利用が可能な住宅ローンの種類です。
ペアローンは、借入額や返済額をそれぞれ個別に設定するのが特徴です。

共働き家庭向き?家の購入でペアローンを選ぶメリット

夫婦、パートナー、親子のうちのどなたかひとりが住宅ローンを契約する方法と違い、2つの住宅ローンを契約することとなるペアローン。
ペアローンのメリットは、収入を合算することで住宅ローンの借入可能額が増えること、住宅ローン控除をそれぞれが利用できることといった経済的な面がほとんど。
また、将来的に物件を売却するときに、マイホームを売ったときの特例にあたる3,000万円の控除が2人分受けられることもメリットと言えます。

もしもの場合は?家の購入でペアローンを選ぶデメリット

夫婦、パートナー、親子などでペアローンを検討するときに気をつけたいのは、それぞれが住宅ローンを組むため事務手数料などの諸費用が倍になること。
また、どちらかに不幸が起こった場合でも、両方の住宅ローンを団体信用生命保険でカバーすることができないため、どちらか一方の住宅ローンを返済し続けなければならなくなってしまいます。
さらに、離婚や離縁、転職や退職などの人生の転機が訪れる場合は、権利関係の調整が必要になったり、返済が困難になってしまったりというリスクを抱えることもあります。
住宅ローンは長い年月の返済が必要になるローンとなりますので、慎重に検討していきましょう。

まとめ

借入額がアップできたり住宅ローン控除額がアップしたりと、メリットが多いペアローン。
家の購入にペアローンを検討する場合は、メリットとデメリットの両方にしっかりと目を通し、慎重に検討してみましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を相続するなら知っておきたい!相続の段取りについて   記事一覧   不動産売却を決断させるライフステージの変化とは?よくある例を解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約