西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空き家で火災が発生する原因とは?火災を起こさない対策や管理方法をご紹介

空き家で火災が発生する原因とは?火災を起こさない対策や管理方法をご紹介

カテゴリ:空き家

空き家で火災が発生する原因とは?火災を起こさない対策や管理方法をご紹介

日本全国で着々と増大しつつあるのが、空き家の問題です。
すでに身の回りで社会問題となっていることを自覚し始めたという方も多いかもしれません。
今回は、空き家でもっとも懸念される火災関連のトラブルについて、原因や対策などを含めて、いろいろとご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の火災原因で多いのは?

空き家に関するトラブルには、倒壊の危険、景観の悪化、不法占拠などのさまざまなものがありますが、そのなかで身近でもっとも危険とされるのが、空き家の火災です。
空き家が火災になる原因としては放火が一番多いとも言われていますが、実は、タバコのポイ捨てなどによる人的なものから、ガス漏れによる爆発、漏電や配線機器のトラブルなどによる火災など、その原因にはさまざまなものがあります。
また、火災に至らずとも、害虫や害獣の住みつきによる環境被害など、周囲に深刻な被害を与える原因となってしまうこともあるため、長時間の空き家の放置は考えものです。

空き家で火災を起こさないための対策

空き家で火災などのトラブルを起こさないためには、空き家となる前に不動産を売却する、賃貸物件として活用する、マイホームとして利用するなど、出火原因となる管理不足を解消することが一番です。
これらの対策が困難な場合には、近隣の方や親戚の方に定期的な清掃や点検などの管理をお願いしたり、もしものときのために所有者へ連絡できる緊急体制を整えておくなどの対応を取るようにしましょう。

空き家で火災が起きた場合の所有者の責任とは

放火など犯罪者が起こした火災は別ですが、空き家の住宅設備や管理不足などが原因となって近隣の住宅などに火が燃え広がってしまう場合などは、空き家の所有者が責任を問われることになります。
また、火事が予想されるにも関わらず対策を怠った場合などは、重過失と判断されることもあり、その結果、賠償責任を負うことにもなりかねません。
不慮の事故などとは違い、空き家の火災は管理体制をきちんとすることで、未然に防ぐことができるものです。
「自分たちの空き家に限ってないだろう」という考え方ではなく、「あり得るかもしれない」というリスク管理の基本を大切に、まずはできる対策から取り組んでいきましょう。

まとめ

少子高齢化や時代変化とともに住宅事情も変化し、近年は空き家の問題がクローズアップされるようになりました。
空き家を放置してしまうと火災の危険性も高くなり、きちんと管理しないと賠償責任を負うこともあり得ます。
空き家は適切に管理し、長く放置しないことが大切です。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|相続した不動産の売却!流れや相続登記の必要性とは?   記事一覧   不動産相続時に発生する税金とは?税金の種類や控除制度をチェック!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約