西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > (株)安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの支払いを滞納したらどうなるの?競売を避ける対処法もご紹介

住宅ローンの支払いを滞納したらどうなるの?競売を避ける対処法もご紹介

カテゴリ:住宅ローン

住宅ローンの支払いを滞納したらどうなるの?競売を避ける対処法もご紹介

住宅ローンが支払えないとき、何も言わずに滞納してしまうと、持っている不動産を競売にかけられてしまうリスクがあります。
今回は、そうした支払いの滞納が原因で発生するリスクや、実際に滞納してしまったときに、競売にかけられないようにする対処法についてご紹介します。
支払いに困ってしまっているということでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの支払いが滞納すると不動産が競売に?

実は競売にかけられる理由としては、相続で遺産分割協議が整わず長引いてしまう場合、住宅ローンを滞納してしまった場合とさまざまです。
今回は、この住宅ローンの滞納について主にご紹介していきます。
とはいえ、1ヶ月や2ヶ月程度であれば、単なる入金忘れなどの可能性を考慮し、すぐには競売にかけられることはありません。
支払いを忘れてしまっているといけませんので、督促の連絡が来ますが、ここですぐに支払えば特に何か問題が発生するということはありません。
しかしさらに2ヶ月から3ヶ月程度滞納が続くと、さらに強めの文言で督促状が届きます。
ここからさらに3から4か月経過すると、住宅ローンの一括返済を求められてしまいます。
それからさらに6ヶ月以上経過すると、競売の手続きが進んでいきます。
競売で売られてしまった場合は、市場価格よりも非常に安く売られてしまい、さらにそのことが周囲の方に知られてしまう可能性も大いにあります。
デメリットが多いため、滞納してしまいそうになったらそのままにせず、すぐに相談することをおすすめします。

住宅ローンの支払いが滞納した場合に競売にかけられないようにする対処法とは?

安く売られてしまい周囲にも知られてしまうデメリットだらけですので、こうした事態に陥ってしまったのであれば、まずは任意売却という方法を取ってみましょう。
任意売却とは、住宅ローンを借り入れできる金融機関の承諾があれば、ローンが残っている状態でも住宅を売却できるというものです。
競売で売却するよりも遥かに高額な金額で取引ができるため、ローンの全額が返済できなかったとしても後々の負担を減らすことはできます。
ほかにも金利を下げるために借り換えを検討するなどの方法はありますので、一人で悩まずに金融機関に相談してみましょう。

まとめ

住宅ローンの支払いを滞納してしまったら、まずは必ず借り入れた金融機関に相談をすることをおすすめします。
どうしようもないからとそのままにしていると、気がついた頃には競売にかけられてしまい、自分の持っている不動産を非常に低い金額で売られてしまうことがあります。
そうなってしまいそうなときの対処法としては、任意売却や買い替えローンなどの方法もありますので、一人で悩まずに必ず相談するようにしましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時における火災保険の解約について解説!   記事一覧   競売と並行しておこなう任意売却の基礎知識について解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約