西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 4LDKマンションが売却しにくいと言われる理由と上手に売るための方法は?

4LDKマンションが売却しにくいと言われる理由と上手に売るための方法は?

カテゴリ:住宅ローン

4LDKマンションが売却しにくいと言われる理由と上手に売るための方法は?

住宅ローンの支払いが困難で、4LDKのマンションを売却したいと考えている方も多いと思いますが、4LDKのマンションは現在、売れにくくなっています。
「4LDKって部屋も広いし収納も多いし魅力ばかりだからすぐ売却できるだろう」と考えていた方に向けて、今回は、4LDKのマンションが売却しにくい理由や上手に売却するための方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

4LDKのマンションが売却しにくい理由は?

4LDKのマンションが売れにくいと言われる理由は以下のとおりです。

●部屋数が多い
●価格が高い


4人家族であれば、1人1つずつ部屋を割り振ることが4LDKのマンションでは可能になります。
とはいえ、子どもが家を出て一人暮らしを開始すれば、部屋も余っていきます。
そのため、4LDKは勿体ないと感じるでしょう。
また、部屋数が多いということは、建築面積が多いということに繋がり、マンション価格が高いことになります。
これらのことから、少し我慢して3LDKのマンションを購入しようと考える方が年々増えており、4LDKは売れにくくなっているのです。
3LDKの場合、子どもたちが1人暮らしを始めても、部屋を有効活用でき、購入価格もそれほど高くありません。
一般の家庭にとっては、3LDKがもっとも使いやすく都合が良いと言えるのです。

4LDKのマンションを上手に売却する方法

4LDKマンションを上手に売却する方法は、以下のとおりです。

●収納の多さをアピールする
●瑕疵担保保険付き売却にする
●内覧時に各部屋の活用方法を伝える


4LDKの強みは、収納の多さです。
収納の多さは、物が増えていく家族持ちにとっては大きなメリットと言えるでしょう。
内覧時に収納の多さをアピールすることはもちろん、各部屋の使い方を伝えておくと、住んだ時のイメージがしやすくなります。
アピールする時は、住んでみて良かった点、悪かった点をきちんと伝えましょう。
また、瑕疵担保保険付きの契約でマンションを売り出すと、買主が集まりやすくなります。
なぜなら、瑕疵担保保険付きの契約にすることによって、マンション購入時の税金や補修費用が安くなるからです。
4LDKのマンションを上手に売却するためにも、4LDKが持つ強みやアピールポイントを活かしましょう。

まとめ

今回は、4LDKのマンションが売却しにくい理由や上手に売却するための方法についてご紹介しました。
4LDKのマンションには、収納の多さや部屋を広々と使えるなどの魅力が多数あります。
スムーズに売却するためにも、買主とのコミュニケーションも大事に信頼関係を築いていきましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|競売と並行しておこなう任意売却の基礎知識について解説   記事一覧   空き家を売る・貸す際のポイントと注意点を解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約