西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空き家で通水が必要な理由とは?管理方法も解説!

空き家で通水が必要な理由とは?管理方法も解説!

カテゴリ:空き家

空き家で通水が必要な理由とは?管理方法も解説!

空き家の水道管に定期的に水を流す作業のことを、「通水」といいます。
この通水という作業は、建物を良好な状態で維持するためにとても重要なものです。
今回は、空き家で通水が必要な理由についてや、管理方法を解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家での通水が必要な理由とは

長い期間水道管に水を通さないと水道管は錆びつき破損しやすくなってしまいます。
しばらく通水をしておらず、蛇口をひねると赤茶けた水が出てくる場合、錆が進行している可能性があります。
水道管が破損すると修理や交換のための費用が生じるため、定期的な通水が必要です。
また、定期的に通水をおこなうことで下水からの悪臭を防ぐこともできます。
水道管には通常「排水トラップ」と呼ばれる部分があり、ここに一定量の水が溜まることで下水管に蓋をしています。
空き家になり定期的に水を使うことがなくなり、排水トラップが乾燥してしまうと下水から悪臭が充満したり、ネズミや害虫などの侵入経路になったりもします。

税金面でも問題が起きる!?
近年、空き家が増え問題になっていることもあり2015年から「空き家対策の推進に関する特別措置法」というものが施行されました。
この法律により、適切に管理をされていない空き家は「特定空家等」に指定され、これに該当すると固定資産税が高くなってしまいます。

空き家の管理方法とは

空き家を放置しておくとさまざまな問題を引き起こすリスクがあるため、定期的な管理が必要です。
そのため、ライフラインの契約は切らずに継続しておくことがおすすめです。
空き家の通水の作業自体は月に数回、2~3分水を流す程度で完了するので作業としては比較的簡単です。
ただ、所有している空家が近隣にある場合であれば問題はありませんが、遠方になると負担が大きいでしょう。
現在は空き家が社会的な問題になっていることもあり、空き家管理を代行してくれる会社が非常に増えています。
不動産会社、ホームセキュリティ会社、ハウスクリーニング会社など様々な企業があり、それぞれ依頼できる内容が異なります。
希望する内容を依頼できる会社を見つけ、そこに依頼をすることで空き家の管理の負担をなくすことができます。

まとめ

空き家の通水についてと管理方法について解説しました。
定期的に通水をおこなわなければ水道管の破損や悪臭、害獣・虫の発生などさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。
自身で管理し、定期的に通水をおこなえるのなら問題はないのですが、難しい場合は管理代行サービスを利用するようにしましょう。
無理のない形でしっかりと空き家の管理をしましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産相続時に発生する税金とは?税金の種類や控除制度をチェック!   記事一覧   不動産を相続するなら知っておきたい!相続の段取りについて|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約