西宮市の賃貸情報・不動産売却|安心サポート不動産 > 安心サポート不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を決断させるライフステージの変化とは?よくある例を解説!

不動産売却を決断させるライフステージの変化とは?よくある例を解説!

カテゴリ:売買

不動産売却を決断させるライフステージの変化とは?よくある例を解説!

これまで住んでいた家をいずれ売却して住み替えたいと思いつつも、いつ住み替えようと悩んでいる方は少なくないでしょう。
不動産売却をするタイミングのひとつとして、ライフステージの変化があります。
今回は不動産売却をするタイミングとして、ライフステージが変化する具体的な時期と方法について解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に関わるライフステージの変化1 出産

人生の大きなライフステージの変化として、出産があります。
結婚して夫婦2人のときにはコンパクトな家に住み、出産をきっかけに新しい家に買い替える方は少なくありません。
出産を機に家を買い替えることには次のメリットがあります。

●売却資金を元手にして新しく広い家を購入できる。
●教育費や子どもの成長に伴って必要な費用を考えながら、将来の資金計画を立てることができる。
●子育てに適した場所を選べる。


出産を控えている方やすでに出産した方は、早めに新居に引っ越したいと思いますよね。
今の家を早く売りたいと思うなら以下のような点がポイントとなります。

●査定額より価格を下げて売りに出す。
●買手が希望する価格で売却する。
●不動産会社に買取してもらう。
●家の買手を自分で探す。

不動産売却に関わるライフステージの変化2 子どもの独立

子どもが独立して夫婦2人で生活する時期も、家の買い換えのタイミングのひとつです。
家族の人数が減ることによってスペースが余っている家を手放し、老後のことを考えた家に引っ越しをする方もいます。
子どもの独立を機に家を買い替えることには次のメリットがあります。

●老後に生活しやすい家に住むことができる。
●交通アクセスが良く、利便性の高い都心部に住むことができる。


このタイミングで家を売却する場合、築年数が経過しており家が古くなっていることが考えられます。
古い家をリフォームすることで見た目の印象を良くする方法もありますが、必ずしもしたほうが良いとは限りません。
費用をかけてリフォームした場合、その費用を回収することは難しく、回収するためにリフォーム代を上乗せすると売却額が高額になってしまいます。
リフォームすることのメリットとデメリットを比較して検討しましょう。

不動産売却に関わるライフステージの変化3 親が亡くなる

親が他界し、親名義の家を相続したタイミングで売却する方もいます。
相続した家を売却する流れと必要な書類は次のとおりです。

●遺言状・遺産を確認する。
●遺産分割をおこなう。
●不動産会社に査定を依頼する。
●書類を用意する。(被相続人の戸籍・戸籍の附票、各相続人の戸籍謄本・戸籍の附票・印鑑証明書、各相続人の身分証明書・被相続人の土地家屋名寄帳)
●遺産分割協議をおこなう。
●親が所有していた家の名義変更をする。
●不動産会社に売却を依頼する。
●売却が決定し現金化される。
●必要な場合は売却金額を分割する。


売却して利益が出た場合、譲渡所得税が課せられますが、「3,000万円の特別控除」や「小規模住宅地等の特例」を利用することで節税することが可能です。

まとめ

今まで住んでいた家を売却して新しい家に買い替えるタイミングには、出産や子どもの独立、親の他界など、ライフステージが変化する時期が適しています。
綿密な資金計画を立てるとともに、将来的にどんな生活をしていくかを考えて、買い替えを検討するようにしましょう。
私たち安心サポート不動産は、西宮市を中心とした阪神エリアと三田市の売買物件・賃貸物件を扱っております。
高齢者や入居審査が難しい方のサポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家の購入のためにペアローンを検討するなら!特徴やメリットとは?   記事一覧   不動産売却後の確定申告が不要なケースとは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約